セッションを受ける前に・・・

アニマル・コミュニケーションを受ける前にお願いがあります。

 

アニマル・コミュニケーションは・・・
動物達を人間の意のままにするツールではございません。

 

  • ショー・競技会・訓練・繁殖などに関わるご質問について
     ご家族様のご期待に添えない返答の場合もあります。

   その際は、ペットの声を尊重して頂く事をお願いし

   セッションを進めさせて頂いております。
   また、この様なケースでの「説得して欲しい」というご依頼は
   あくまでも中立的な立場を取らせて頂いております上
   お受けしておりません。

 

  • 問題行動や躾について

   アニマルコミュニケーションで直る事は稀です。
   多くのケースは、飼い主様が本気で向き合い
   努力した結果の賜物なのです。
   アニマル・コミュニケーションでは
   動物達の行動に対して気持ちを聞くまでとさせて頂いております。
   『絆を育む』のファースト・ステップとお考え下さい。

 

  • ブログへの掲載について
    掲載自体は問題ございませんが・・・
    アニマル・コミュニケーションは
    あくまでも、「愛するご家族様への特別なメッセージ。」
    とご理解頂ければ幸いです。

 

  • 病気や怪我について
    私はお医者様ではありません。
    気持ちや状態をお聞きする事は出来ますが
     具体的に
    「病院へ行った方が良いか?」や「手術はした方が良いか?」
    などのご質問はお受けしておりません。

 

  • ご依頼主様について

    必ず飼い主様ご本人、もしくは普段お世話している方からの

    依頼でなければお受けできません。

    「隣の犬が可哀想だから聞いて欲しい」などのご依頼は

    お受けしておりません。

 

  • 迷子について

     現在、迷子につきましては、現在受付ておりません。

    ご了承下さいませ。


セッションや講座のご依頼意外の

メールでのちょい聞き的なご相談等は受け付けておりません。


その子とお話しをしてみない事には分からない事が常で

クライアント様との信頼関係の元にセッションが行われております事を

ご理解頂けますと幸いです。

 

 

いかなる場合でも、セッション内容に関する責任や保証は負いかねますので

ご了承下さいませ。